コンプレックスだった黒いほくろを顔から消せる大阪のクリニック

コンプレックスだった黒いほくろを顔から消せる大阪のクリニック

もう気にならない

鏡を見る人

誰もが気になる

顔に血行不良のクマがあるだけで、女性は暗い気持ちになってしまいます。まずファンデーションを塗って肌の色を整える必要がありますし、地肌がこんな状態だと化粧映えもしないからです。
ほくろもかなり気になる顔のパーツです。チャームポイントになることもありますが、鼻の周辺にあると取りたいと考える人もいるようです。今は気軽にほくろ除去できる時代なので、気になるなら挑戦してみましょう。

老けて見えることがある

ほくろ除去をしたいと考える人の心理には、「ほくろができていると老けて見える」というものがあります。
加齢によって肌に何かできるといえばシミやそばかす、そしてシワが考えられますが、ほくろも例に漏れずに老けた印象を与えてしまうのです。
特に加齢によって多くなってきたと感じる人は、余計に除去したいと考えるでしょう。
プリクラや写真の技術が発達してきて、ほくろ除去が簡単に画面上でできるようになってから、「やっぱりない方が綺麗だ」と感じる人も多く、そういった人が除去を望んでいるのです。

レーザーで消せる


美容整形外科では、ほくろ除去はメジャーな施術法となっています。大阪では皮膚科でも行なうことができますが、やはり顔の美容を気にする女性にとっては、その後のケアも頼れる大阪の美容整形外科に頼りたいものです。
除去方法には様々なものがあり、切除縫合術が一番大掛かりな手術でしょう。この手術方法は皮膚科で行なえば保険がきくので、大きくて悩んでいる人は相談してみましょう。
レーザーが今は美容整形外科ではよく採用されている施術方法となっていますが、この施術方法にはなにより「安い」という魅力があります。切除しないのでダウンタイムも少なくなるのです。気軽に行なえるからといってアフターケアを怠らないようにしたいものです。皮膚が再生するにはいくらか時間が必要なので、注意してケアするようにしましょう。

削る方法と削らない施術法

レーザー施術の中にもいくつか種類があります。
・炭酸ガスレーザー
・Qスイッチレーザー
・ロングパルスレーザー
この種類がありますが、炭酸ガスレーザーはほくろを削って除去するもので、ロングパルスレーザーは削りません。どちらにも良さがあるので、比べてみて病院を選びましょう。
炭酸ガスで削る方法を使えば、根本から除去できるという特徴があります。もし小さいほくろで悩んでいるという人であれば、この方法で施術してもらった方がメリットは大きいです。手術が一回で済むので通院する面倒がありません。
では、組織を削らないロングパルスレーザーのメリットとは何かみていきましょう。それは傷跡が残らないというメリットがあるということです。あまり痛くないので手術の際に麻酔をかける必要もありません。しかし、組織を削らないので色素が少し残ってしまうという人もいます。
手術を受ける本人に合った施術が一番良いので、どの施術が良いか吟味すべきだといえます。